サービス付き高齢者向け住宅へ入居の検討をする

高齢になってきたときにどのように生活をするかということをしっかりと考えておかなければなりません。

子供世代の手を借りて介護を受けたいと願っていても、一方的な希望でしかないことが非常に多くなっています。少子化と核家族化の中では、それまで互いに別々に暮らしていて、介護が必要になってきたからといって、再びともに暮らせるかというとかなり難しいことが多いものです。



すでに生活の場が出来上がっているだけにそう簡単に介護を担うことができないことが多いものです。



そこでサービス付き高齢者向け住宅への入居も考えたいものです。



サービス付き高齢者向け住宅は近年非常に注目がされ、建築件数も増加傾向にあります。
サービス付き高齢者向け住宅の契約内容そのものは基本的に賃貸マンションと同様と考えてもよいものとなっています。

必用な時に入居をして、不要になれば退去をするという仕組みです。
とはいえ入居希望者のほうが多いのが現状ですから、順番待ちになっているケースのほうが多くなっています。



サービス付き高齢者向け住宅の特徴として、その内装がバリアフリー化がなされていて動きやすくなっていることがあげられます。

高齢者にとっても動きやすい配慮がいたるところにされています。



またサービス付き高齢者向け住宅は、介護や医療との連携が取られています。介護が必要になったために入居を希望する、あるいは何らかの疾患を抱えている場合も多いわけで、介護や医療との連携が取れていることで、いっそう安心できる生活になるものです。

サービス付き高齢者向け住宅は、どうしてもある程度健康で多少の介護で生活が送れることを前提にしています。


あまりにも介護度が上昇した場合や、病院への入院が長期化している場合などは、契約を打ち切られる場合も珍しくありません。賃貸契約である以上は、比較的契約の解消もしやすいわけですから、どのような契約内容になっているのかの確認が十分に必要になってきます。


http://www.mlit.go.jp/report/press/house03_hh_000058.html